Johnstons(ジョンストンズ)のカシミア製品について

Johnstons(ジョンストンズ)のカシミアストールは色柄によって厚みが違うの?

お客様から「ネット通販でJohnstons(ジョンストンズ)のカシミアストールを購入すると、生地が薄かったという口コミを見たことがあるのですが本当でしょうか?」

「実店舗でJohnstonsのカシミアストールを見たときに、同じ品番なのに色味が少し違っていて肌触りも少し違ったのですが何故でしょうか?」というご質問をよくいただきます。

ネット通販用と実店舗用は同じJohnstonsの工場で生産されていますので、ネット通販で販売されているカシミアストールが薄いということはありませんのでご安心ください。

ただお色柄によって生地の厚みは違いますし、同じお色柄でもロットによって厚みや色味が違う場合があります。カシミアは天然のものですので、毛の柔らかさも違いますし染色する際の色の入り方や縮み方もその都度変わってきます。

ですから同じお色柄でも毛羽立ち方・厚み・色味の若干のふり幅があります。お色のふり幅については、例えば単色に見えるライトグレーでも、白やグレーのカシミアを混ぜて色を作っていますので色のふり幅があるのです。

ストールの硬さ(手触り)もお色柄によって違います。例えばブラックスチュワートのようなお色の濃いストールは、染色の際にお色が入りやすいので、カシミアの毛の少し硬い部分が使われています。薄いお色のストールに比べますとしっかりとした手触りです。

お色の薄いストールは色が入りにくいので、カシミアの毛の少し柔らかい部分が使われています。濃いお色のストールに比べますと柔らかい肌触りです。昔は柔らかいカシミアの方が高級だったため、無地のストールの方が値段が高く販売されていたそうです。

Johnstons カシミアストールは1枚1枚手をかけて大切に作らていますので、それぞれに個性があるのですね。